ハイジュエリー デイズ
12 7月 2021
磁力に引き寄せられて
ハイジュエリー デイズ

相手を感じること、触れること、認めること、相手のエネルギーを体感すること。取るに足らないと思っていたものが、今、極めて重要です。世界が少しずつ目覚め、光がまた差し込むように見えます。唯一、問題となるのは、他者との関係が変化し、バレエを思わせる目まぐるしい動きに満ちた新たな社会の中で自身の場所を見つけること。
「動き」はメシカの創作活動の中心的要素。かつてないほどにその重要性は高まっています。身体を動かすこと、そして、新たに生きるという熱い思いを宣言することを改めて知らしめるように、クリエイターがダイヤモンドを華麗に舞わせる、太陽と色彩が輝くハイジュエリー コレクション。巧みなコントラストを演出し、クレオール XXL、イエローダイヤモンド、斬新な宝石の組合せを融合したクリエイターは、華麗なラグジュアリー ジュエリー20点をデザインしました。傑出した技術により実現したのは、ゴールドリングの中で優雅に揺れ動くペアシェイプ。「背中合わせ」にあるいは空中に浮かびながら、洗練されたパ・ド・ドゥを披露します。

This is M

ペアシェイプをこよなく愛して
ダンスは素晴らしき再会のために。抱擁し、身体を寄せ合うことが自由であった頃のように、触れ合い、相手の力を感じる。
このハイジュエリーのセット作品が称えるのは、あらゆるサイズのペアシェイプダイヤモンド。煌めくホワイトダイヤモンドと太陽のように輝くイエローダイヤモンドが調和し、「神の涙」とも呼ばれるペアシェイプが喜びの涙になります。 宝石を集めた歓びの輪舞は出会いと人生を象徴し、くるくると回転し、また別の方向に回転する姿が華麗なダンスを思わせます。陶酔へと誘う、激しいエネルギーを放つこのセットジュエリーは、ダイヤモンドチョーカーとイヤージュエリーを組み合わせた、パリのメゾン独特の大胆なネオスタイルの作品です。

磁力が引き寄せる愛
互いを惹きつけ合うこの力の正体は?ときに固く結ばれたこの絆は、ジュエリーでは1本のシンプルなダイヤモンドラインで表現されることがあります。ひとつひとつの石が別の方向をむき、永久に離れているように見えます。互いに無関係で、孤独なダイヤモンド。しかし、そんなことはありません。優雅なパ・ド・ドゥでダイヤモンドはピルエットを披露し、互いに背を向けながら、情熱的な旋回を続けるのです。
3つのダイヤモンドをあしらったモノイヤリングが魅力のセットジュエリー。フロントには、純白に煌めく1粒のペアシェイプダイヤモンド。 バックには2粒のマーキスカットダイヤモンド。ひとつは優美なピンク、もうひとつはロイヤルブルー。3つの特別なダイヤモンドが演出する大胆なスタイルは、太陽と色彩が輝くダンスを思わせます。

ペアシェイプの魅力
向かい合わせや背中合わせの姿になる、豪華なペアシェイプ イエローダイヤモンドが煌めくセットジュエリーは、見事なパ・ド・ドゥを披露します。相反するものが引き付け合うのは、誰もが知ること。取り巻く磁場を華麗に装飾するゴールドとダイヤモンドの二重の縁取りが、光輪となって輝きます。
驚くべきことに、反対側の力に引き寄せられて宝石が伸びたり、長くなるように見えます。ジュエリー全体を壮大に見せる、目を疑うような宝石のサイズ。しかし、それはマジック。非対称な上部と下部が生み出す振り子の動きが、全体に繊細さをもたらします。 リングには、かすかに動いて近づくように見える宝石たち。台座は姿を消し、軽やかな感覚に包まれます。

This is M

宙を舞うダンス
ボヘミアンな趣きをたたえるセットジュエリーでは、力強さと繊細さが対照をなし、重力と戯れ、比類のないダンスを繰り広げます。極めて大胆なセットジュエリーは、ヴァレリー・メシカにとって非常に大切なネオスタイル ジュエリーを融合。クレオール モノイヤリング、ダイヤモンド アンクレット、ハンドアクセサリーを組み合わせました。ダイヤモンド ハイジュエリーの各作品には同じ魔法がかけられています。
ダイヤモンドがセットされたチェーンの先端で、1粒のペアシェイプダイヤモンドが、傑出したサイズのもうひとつのペアシェイプダイヤモンドを支えています。力強いダイヤモンドは、ギリシャ人が御しがたいと形容した宝石の女王。コントラストを生み出す繊細なチェーンは、驚くべき軽やかさでダイヤモンドをつなぐ一筋の光を思わせます。振り子の動き、絶妙なバランス。空中バレエを観る興奮。1本のシンプルな糸で結ばれた2つ宝石が、お互いへの強い愛情を囁き合います。

ダイヤモンドの磁力
磁石の対極のように激しく引き寄せられる、様々な形、色、サイズのダイヤモンド。ひとつになろうとする宝石たちを分かつ、越えがたい1本のラインは、エメラルドカットダイヤモンドの川として表現されています。
ひとつの作品から他の作品へ、ブレスレットからシンプルまたはダブルのダイヤモンド リングへ、このラインは様々な形で現れます。洗練を極めながら、完全に姿を消すことはなく、引き付けられるような魅惑のダンスを思わせます。それぞれの個性を大切にしながら結びつきを称える、「背中合わせ」の美しいメタファー。