2018年バーゼルワールド
25 3月 2018
国際ジュエリーショー
2018年バーゼルワールド

Rivalisant de hardiesses technologique et artistique, les nouveautés horlogères et joaillières se dévoilent chaque année au salon international Baselworld, profilant les grandes tendances à venir. Innovations ou rééditions, leurs premières apparitions en public monopolisent à Bâle, l’attention et la présence de tous les acteurs du secteur, maisons prestigieuses, grands noms, jeunes marques talentueuses, détaillants et journalistes venus du monde entier. Pour la 101ème édition de cet incontournable rendez-vous, la Maison Messika invitait à découvrir le récit merveilleux de ses dernières créations, reflets de son savoir-faire, dans un lieu fidèle à elle-même, audacieux, esthète et enchanteur. 

イベント

光り輝く建築

今回の見本市でメゾンがお客様を迎えたのは、半透明な構造体から成る現代的な建築。バングルたちは重力に挑み、モニュメントのような空中彫刻の中で、3つのダイヤモンドが動くメゾンの象徴的なコレクション「ムーヴ」を祝福します。ヴァレリー・メシカは、つねに変わらない繊細さで自身の世界観を再現。赤銅色に縁取られたホワイト、グレー、ピンクゴールドのアクセント、グレーに塗った木材など、香りと音楽の記号や、グラフィカルなコードをあちこちに散りばめながら、五感で感じるダイヤモンド体験ができます。  

ハイジュエリーの物語

ヴァレリーはエドモンド・デュラック、ギュスターヴ・ドレ、カイ・ニールセンの絵本にインスピレーションを得て、童話『リトルマーメイド』、『雪の女王』、『アラビアンナイト』、『ブライト・ファルコン』をテーマとした22作品のハイジュエリーコレクションを作りました。目の眩むような輝きをもちながら自由な動きが魅力のジュエリーは、現代の主人公たち、つまり自らの生き方によって輝く個性ある女性たちのために作られたもの。おとぎ話に着想を得たダイヤモンドクチュールの表現は、サーシャ・ピヴォヴァロヴァによって体現され、著名なフォトグラファー、カシャ・ラウルスのレンズに収められました。  

時空を超えて

優れた宝飾技術によって作られたダイヤモンドのジュエリーにも劣らないハイジュエリーサロンは、ジュエリーボックスを思わせる空間。星の瞬く夜空の下で読書を提案する美術館のような内装は、『アラビアンナイト』の世界と呼応します。音響に包まれ、光のビームが影を刻む幻想的な雰囲気の中、訪れる人はすべてが思いのままになるファンタジーの物語へといざなわれていました。時空の中に浮くイヤリング、ネックレス、チョーカー、イヤーカフ、リング、ブレスレット…近くて遠いきらめき。  

2018年バーゼルワールド